60年代の魅力的なデザインの名刺を取り入れる

名刺は必要な情報を伝えるツールではありますが、ひと工夫を加えて自分の個性が伝わるようなものを作り上げて利用していきたいものです。60年代のカルチャーを好まれる方は、そのテイストを取り入れた名刺にするということもできます。

時間がたっても色あせない魅力があったり、むしろ新鮮なイメージを与えたりなど、魅力や取り入れ方についてチェックしていきます。

⇒会社の形態によって異なる名刺の役職で使用できる表記

デザインにこだわりたい

会社などで使う名刺はシンプルな物を使うことが多いでしょう。どの名刺を見てもそれほど変化が無く、誰からもらった物かなどあまり意識しないという事もあります。仕事上ではそれで問題ないこともありますが、プライベートで使う場合、また独立して活動していて、強い印象を残したいという場合などは、ちょっと工夫したデザインのものを取り入れたいという事もあるでしょう。

シンプルなものが多い中で華やかなもの、目を引くものがあれば印象に残りやすいものです。しかし、名刺には小さなスペースしかありませんから、多くの情報を盛り込むことはできません。イラストなども細かすぎると見えにくくなるという事もあるでしょう。

名刺としての機能を果たせるように、必要最小限に絞り込んだ中でインパクトのあるデザインを取り入れつつ、魅力的なものを作っていくことが重要になってきます。手渡した時に相手が楽しくなるような、また自分自身のイメージを高めてくれるようなデザインをこだわって作っていきましょう。

60年代はお洒落なデザインが沢山

60年代は海外のおしゃれな文化などが入りつつ、日本でも若者を中心とした様々な文化が発展していった時期です。

この期間に若者だったという方は、その時を懐かしく思い出すことも多いのではないでしょうか。ファッションや家具、広告デザインなど、様々なおしゃれなものがあふれていた時期でもあり、それは今の時代でも通用するような魅力的なものとなっています。

その時代を過ごしてきた方ばかりではなく、今の若い方にとっても新鮮でおしゃれに見えるものが多いようです。あえて60年代のデザインの家具やファブリックなどをインテリアに取り入れているという方もいます。60年代デザインの中で、気に入ったものがあれば、それをベースに名刺を作っていくという事も出来るでしょう。

話題にしやすい魅力が

名刺を渡す時は、相手のことについてまだよく知らないという場合が多いものです。

そのため、何もない状態では話題が作りにくいという事もあるでしょう。そのようなときに変わったデザインの名刺にしておけば、そのデザインを話題にしやすくなるということが期待できます。

相手との関係を深めていくための助けともなってくれるのです。単なる情報伝達ツールとしてだけではなく、話題作りの一環として名刺づくりをとらえていくという事もおすすめです。60年代のデザインを名刺に取り入れていくことで、幅広い世代の方との話題作りに貢献できる可能性が高くなります。

年配の方は自分の若いときを思い出して懐かしむことになるでしょうし、若い方には新鮮なものとして映り興味を持つこともあります。そういったところから、相手との会話がスムーズに進んでいく事もあるのです。広い世代と感覚を共有できるという点で非常に効果がある物と言えるのではないでしょうか。

地の模様として入れやすい

60年代のデザインは、幾何学模様など、連続模様として魅力的なものもたくさんあります。そういった物は名刺の地の模様として取り入れることが出来、文字の情報を邪魔しづらいという事もあるので、名刺デザインとしても取り入れやすいのではないでしょうか。

デザインとしてははっきりした濃い色合いのものも多くありますが、色合いが濃いものは黒い字で印刷してしまうと文字が見えにくくなるので、文字と模様の色のバランスも検討してどのようなものにするかを決めていきたいものです。

名刺全体を彩る模様となりますから、相手に与えるインパクトも抜群です。その場で目を引くことはもちろんですが、後で持ち帰ってもらって目にしたときにも強い印象を残すことが出来るでしょう。インパクトを残しやすく名刺の模様として使いやすいというのは、デザイン選びの上で重要なポイントとなってきます。

その点で60年代デザインは大きな魅力があると言えるのです。独特の色合いや模様の中から、自分のイメージに近いものを選んで利用していきましょう。

ユニークなデザインをポイントに

60年代のデザインの中には、キャラクターなど目を引くデザインのものもたくさんあります。単調な模様だけではなく、こうしたキャラクターなどを取り入れてみるのも楽しいでしょう。プライベートの名刺などを楽しく演出しやすくなるのでおすすめです。

大き目のイラストを入れることになると、それだけ文字を入れられるスペースが少なくなるので注意が必要です。できるだけ情報を絞り込んだほうが魅力的な名刺に仕上がりやすくなるでしょう。キャラクターなどのモチーフを取り入れていく際にはぜひこうした点に注意しながら魅力的なものを作っていくようにしましょう。

様々なデザインを楽しんで

名刺を使うシーンは様々です。仕事で使うもののほかにも、趣味で自己紹介をする場合などに利用することもあるでしょう。そういった時には自分の好きなもの、魅力的なものを十分反映させたものを使っていきたいものです。

ぜひ60年代のデザインを参考にしながら作っていきましょう。自分でデザインを考えて作ると、自分らしいものへと仕上げやすくなっていきます。自分自身でデザインをすることが苦手という方は、名刺作成サービスで提供されているデザインの中から60年代のイメージに近いものを選んでいくという事でも対応できるでしょう。

一つのデザインを多く作り、使っていくという事だけではなく、一度に作る量は少量にし、多くの種類のデザイン名刺を作っていくようにすると、その時の気分や使う場面に合わせたものにしやすくなっていくというメリットがあります。

魅力的なデザインを探してみよう

60年代のデザインは、今見ても新鮮さを失わず、また懐かしさも感じられるような魅力ある物が多くあります。現代的な模様やシンプルな物だけではなく、こうした昔のデザインなどもチェックしながら、魅力的なデザインを探してみましょう。

第一印象を左右することになる素敵な名刺を作り上げることが出来るようになるでしょう。